サプリメントアドバイザー

サプリメントアドバイザー

健康食品に関する資格をご存知ですか?

AKI通販 > サプリメントアドバイザー

サプリメントアドバイザーとは

健康食品、健康補助食品に関する資格としては、サプリメントコーディネータ、サプリメント管理士、サプリメントアドバイザー(日本ニュートリション協会認定)(日本サプリメントアドバイザー認定機構認定)、健康食品管理士、栄養情報担当者(NR)があります。これらの資格には、まだ国家資格はありません。

資格の中でサプリメントアドバイザーという資格を出す団体が2種類あり、これは主催する協会が異なるので、同じ名前の資格でも、取得方法も異なります。これまで名前は知っていても、2つ資格があるということはご存知の方は少ないと思います。これらは、日本社会でも健康食品、健康補助食品が多く発売され、一般の人も摂取するようになり、その安全な摂取、利用のためにできてきたと言えます。

サプリメントアドバイザー資格

2つのうち、日本ニュートリション協会が認定するものは、通信添削認定テストに合格すると認定されるます。この日本ニュートリション協会が健康食品に関する認定を日本で最初に手掛けました。そのためか日本ニュートリション協会が認定者数が最も多く、また、取得後もアメリカの最新情報の定期通信などサポート体制があり、多くの人が最新の情報を身につけるべく研鑽しています。





もうひとつは、日本臨床栄養協会日本サプリメントアドバイザー認定機構が認定する資格です。これは毎年12月に実施される試験に合格した者に与えられるます。受検条件としては、日本臨床栄養協会の会員・学生感員であり、研修単位が40単位取得していることとなっています。この日本臨床栄養協会は、栄養を燐奏から考える医師、栄養士等で構成される協会です。厚生労働省も認めているようです。

この資格を取得するために2年コースを設けている専門学校あります。

サプリメントアドバイザーの仕事

健康食品や健康補助食品のアドバイスをする仕事はこれからの社会の中で需要はますます高まってくると考えられます。

厚生労働省が進めるセルフメディケーション。この運動により人々は自分の健康を自分で守る意識が高まってきて、お医者さんから処方される薬以外に、自分の健康のために様々な健康食品をを取るようになっています。一方で健康食品、健康補助食品は日本の薬事法下では、食品であり販売に関して医薬品ほど厳しい制約はありません。

ご存知の方も多いとは思いますが、医薬品の場合も服用中は制限される食品もあるように、健康食品、健康補助食品の場合も医薬品との相互作用に注意しなければならない場合もあり、医薬品の知識も必要となります。その場合一般の方は専門知識はありませんから、健康食品を上手に利用するために、適切な指示、アドバイスをだす者が必要となり、これが健康食品のアドバイザー資格を持つ者の仕事となっていくでしょう。ですから、登録販売者や薬剤師の方も健康食品、健康補助食品にかんしてのアドバイザーとしての役割は大きくなるでしょう。

サプリメントアドバイザー資格

サプリメントアドバイザー トップへ戻る