確定申告

確定申告

確定申告をするための情報を集めます。

スポンサード リンク
AKI通販 > 確定申告

確定申告とは

商売をしている人は、基本的に確定申告が必要です。サラリーマンは基本的には確定申告の必要性はないのですが、今年から(来年の申告)サラリーマンにも必要経費が認められることになりましたからちょっと勉強しておくほうがいいかもしれません。

また、現状でも次の項目に当てはまる人は、サラリーマンでに確定申告をすれば税金が戻ってくる場合や、確定申告をしなければいけない場合もあります。

・住宅ローン控除、医療費控除、寄付金控除などの税控除を利用したい人
・年の途中で退職し、年末調整を受けていない人
・給与が2000万円を超える人
・給与以外の副収入の利益が20万円を超える人
・2カ所以上から給与をもらう人

では、確定申告どうしたらいいのでしょう。
仕組みが分かっている人は自分ですることも可能でしょう。でも、なかなかめんどくさく複雑な部分もあります。また、素人では、経費として認めてもらえるかどうかの判断もつかないものもありますし、素人が作ったものは税務署のチェックも厳しいともいわれます。

将来のことを考えると、できるだけ早く税理士さんに相談し、専門家の意見を聞き、依頼する方が得策の場合も多い様です。

確定申告 特定支出控除

2014年に特定支出控除の改訂が行われ、サラリーマンに認められる特定支出控除が大幅に見直されましたね。まず足切り額が、給与所得控除を超えた額から、その2分の1を超えた額へと一気に下がたのです。たとえば年収800万円なら、100万円を超えることが条件になります。そして、さらに適用される経費の範囲も拡大しました。図書費、衣服代、交際費などの「勤務必要経費」は、あわせて65万円までと上限が決められています。まだ、新しい制度なので、これはダメだろうと勝手に線引きせず、使えそうな経費に関しては自分の名義で領収書をもらうなりして、申告の材料になりそうなものは捨てないでおきましょう。

確定申告する際、税務署に向かう前にしておくべき手続きがあります。それは会社に「こういう経費を使いました」と報告し、証明書に承認のハンコを押してもらうことです。この経費をまとめておくという作業というのは結構めんどくさくて大変です。

青色申告や法人の経理のように複式帳簿をつけつ必要はないでしょうが、単式の帳簿(家計簿のようなもの)くらいはつけておくほうが確実です。こうした会計の知識を持つことは社会人としても役に立つことですから自分で付けることが勉強にもなります。

パソコンソフトで無料の会計ソフトもありますが、無料だと繰越ができないものが多いですから、きちんとした会計ソフトを使うことをお勧めします。安価で昨日は十分なものがありますから、探してみましょう。

会計ソフト

確定申告 トップへ戻る