背中ニキビとは

背中ニキビというのは、その名の通り背中に出来るにきびですが、胸や背中など顔以外に出来るにきびというのは、詰まった毛穴の炎症を起こす菌がアクネ菌でなく、マラセチア菌であることが多いといわれます。

このマラセチア菌も、人の皮膚上にいる状在菌で、毛穴に詰まった皮脂を栄養源として炎症を起こしニキビを進行させていくには変わりありません。

 

体の中でも顔、胸、肩甲骨周りは皮脂腺の多い部位で、背中はその中でも皮膚が厚く古くなった角質が毛穴を塞ぎやすい部位であり、常に衣服等で覆われており、刺激を受け続けておりニキビを発生しやすい場所といえます。

 

思春期にはあまりできることのない背中ニキビですが、20代になり、生活習慣の乱れやストレスなどでホルモンバランスが崩れ、気がついたら背中ニキビが出来るようになったという方が多いようです。

 

日ごろから、目に付く場所でないので、痛みやかゆみを伴うようになって見つけることが多く、一度できるとケアしにくい場所でもあり、悪化したり、繰り返したりすることがあり悩んでいる方も多いのでは。

 

背中ニキビの予防、ケア

背中ニキビの予防、ケアは、余分な角質を取り除き、保湿をすることです。背中も他の部位と同じできちんとしたスキンケアが必要です。

 

入浴時などのシャンプーやコンディショナーの流し残し、ボディーソープなどの流し残しはその成分が毛穴を詰まらせることになります。顔のスキンケアと同じようにしっかりすすぐことが大切です。

 

また、常に衣服に覆われていることで、その化学繊維が皮膚に刺激を与え続けていたり、衣服の洗濯洗剤が皮膚を刺激したり、不潔な衣服から雑菌が移ったりと様々な要因も考えられますから、心当たりのあるところは改善しましょう。

 

また、皮膚が比較的厚いということは、皮膚内が乾燥しやすいということになるので、保湿にも十分気をつけることが必要です。

 

そして、大人ニキビの大きな要因となっている生活習慣、ストレスは必ず改善努力が必要です。十分な睡眠、バランスの良い食事など、生活習慣を整え、ストレスの軽減を図りましょう。

 

背中ニキビケア

今、実際に背中ニキビが出来ている場合は、上記の予防や日常のケアに加えて次の点に留意してセルフケアをしてみましょう。

入浴時

洗う順番を、頭髪⇒顔⇒体 の順で洗う。


これは、シャンプーやリンスの成分が背中に残らないようにすることが目的です。特に頭髪の長い方は、できるだけ髪を顔の前にたらした状態で洗浄、すすぎをし、そのあと髪が背中に当たらないようにクリップやタオルで留めるようにしましょう。

 

体を洗う石鹸は、フルーツ酸や酵素などピーリング成分を含む石鹸で洗うことをお勧めします。前述のように背中は皮膚が比較的厚い部位であり、古い角質が残って背中ニキビを作っていると考えられますからこれを取り除くために軽いピーリングを行うのが良いでしょう。

ピーリング石鹸のお勧めは⇒アイナソープ400

 

体を洗うときも、ナイロンタオルなど皮膚への刺激の強いもので洗わず、やわらかいタオルなどで洗うようにしてください。

 

入浴後

十分に体をすすぎ、石鹸などを洗いの流したら、体の水気をしっかりと取ります。といってもタオルでゴシゴシ擦るようにするのでなく、軽くたたくような感じで水気を取ってください。

 

入浴後はお顔などのスキンケアをすると思いますが、このとき背中のケアもしっかりと。背中のケアは保湿が中心になります。顔などに使用する保湿用のローション、化粧水でもかまいませんが、きちんと保湿をしてください。手で塗るタイプは使いにくいかもしれませんのでスプレーボトルなどに入ったものが使いやすいですね。もちろんジェルやクリームタイプのものでもかまいません。

 

手で塗るタイプですが、背中ニキビで悩む人に人気の薬用保湿ジェルはこちら

背中ニキビ専用ジェル【Jewel Rain(ジュエルレイン)】

 

その他のケアは、予防のところでもあげたように、肌に優しい、清潔な衣服を着用し、生活習慣の改善をしていきましょう。

これらのケアでも、改善しない場合は、皮膚科などの専門医を受診することをお勧めします。保険を適用し、改善できる場合も多いです。

 

 

  • SEOブログパーツ
© 2015 背中ニキビケア rss