五月人形

五月人形

5月5日の端午の節句に飾る、節句飾り・五月人形について

スポンサード リンク
AKI通販 > 五月人形

五月人形由来

もともとは、禍を防ぐということで、武家が幟や長刀などの武具類を屋外に飾ったのが始まりとされています。これが町民にも伝わり、少しずつ変化して小型化し、魔除けの赤い布を敷いた上に幟や槍を立てた枠を置き、その前に人形や鎧、兜などを並べ、これに柏餅や粽などを供える座敷飾りが普及しました。これが現在の五月人形の原型とされています。

端午の節句が男の子の節句となったのもこの江戸時代の時期といわれ、5月5日という日は悪い日が起こりやすい人言われていて、その日に特に子供を禍から守ってもらうために五月人形を飾るようになったと考えられています。

五月人形を飾る時期は、特にこの日というのはありません。ただ、一夜飾りは縁起が悪いと考えられていますから、4月の中旬までには飾ると良いですね。

五月人形 種類

武者人形
 五月人形といえば武者人形を想像する人も多いでしょう。鎧(よろい),兜などを着けた武人の人形で,昔の武人を模して作ったもの、おとぎ話の英雄をもして作たものが一般的です。最近はキャラクターに鎧兜を着せた可愛いものもあります。強く逞しい男の子に育つようにという願いがこめられています。

兜飾り
 鎧飾りとともに端午の節句の飾り物として昔から伝えら得ています。兜は鎧とともに身を守る大切な武具であり、家系を重んずる武士社会では家を表す代表的なものでもありました。現在は5月人形の中でもコンパクトで場所をとらず見栄えのするものとして人気があります。

鎧飾り
 鎧飾りは単独で鎧だけを飾ることはなく、兜とセットになります。鎧兜は身を守る武具であり、これを端午の節句に飾ることで子供の安全を願うとされています。工芸品としての美しさもあり、重厚な雰囲気をもつ鎧飾りも人気があります。

鯉のぼり
 もともとは、武家にに男の子ができたら玄関の前に馬印やのぼりを立てて祝う風習があり、それが庶民に広がり縁起のいい魚である鯉を模したものが生まれたとされています。現在は戸外に鯉のぼりをを立てることは少なくなったようですが、空に鯉のぼりの泳ぐ姿は日本だけのものです。

どの五月飾りも、子供の安全と健やかな成長を祈るもの、できるなら品質の良いものを選び揃えたいですね。

五月人形を選ぶなら、ちょっと高価ですがこちらをお勧めします。
↓ ↓
真多呂人形

五月人形 トップへ戻る